天気図

暑いね毎日、夏だから当たり前と言えば当たり前かな、明けてないのかな不思議だ。

そう言えば東京でもヒョウが降ったみたいだね、私の田舎でもヒョウが降って農作物に被害があったと聞いた。スポットでそこだけ、こんな事初めてだと、ぼやいていた。異常気象と言えばそれまでだが変な事起きる世の中だね。相場はある程度作れるかもしれないが、まさか気候は…

 

今日は時間がたっぷりあるので昔話してみる。あくまで聞いた話で嘘か本当かは分からない、フィクションかも知れない。その人K君という人の話です。  

          

K君は昔で言えば山っ気がある人でギャンブル好きだったようだ。当時競馬も好きで毎週末競馬場通いをして、あーでもないこーでもないと競馬新聞広げていたそうです。

こずかい程度の競馬だけにしておけば良かったのにバカだね昔取ったきねずかで株にも手を出したそうだ。彼が言うにはITバブル弾ける前ヤフーが上場して間もない頃、口座開設したそうだ。彼は80年末のバブルも知っていたのでIT狂想曲を聞きながら何か異様さを感じていたそうで。それまで買いで取れなかったので売りで取ろうと心に誓ったらしい。その後ITバブルが弾けマーケットも連日閑散下げ相場に入った。当時掲示板が主流で買い推奨だけでなく売り専門の掲示板も有ったらしい。よせばいいのに目立ちがり屋のK君は書き込みしてしまったらしい。それから、高いと思ってカラ売った株ことごとく逆に上がったそうだ。全体総崩れの中でも何故かそれだけは上がったらしい。それならばと個別の株はやめて指数だったら大丈夫だろうと、先物に手を出してみたそうだが結果同じだったそうだ。極めつけは海外だったらそんな事はないだろうと考えてニューヨークのダウ指数売買してみたそうだ。結果当時ミニがなく1枚で一か月分の給料1日で飛ばしたと云っていた。ウオール街までも、流石に株はもうやめようかと考えたらしい。究極に運がないのかとも悩んだそうだ。ただ彼はマーケットはグローバルに繋がっているとその時感じたそうだ。

 

こんな事も言っていた、彼が売った株が下がると携帯が突如動かなくなりその度ドコモショップに駆け込んだそうだがショップではいつも原因不明の診断だったそうだ。まだスマホが出ていない時代の話です。                                                                              

 

続く