義憤

 最近、気になっている事書いてみようか、最近悩みの種だらけで書いた処でリスクしか残らないだろうけどもね。気晴らしです。

 

 これ覗いている方達はマーケットの行方に関心有るようですから率直な感想述べてみる。捉え方は人それぞれ何しろIT自動の世界でしょうから、私的に昨年から相場に関しては2006~2007年頃の相場に似ている感じを持っていた。依って今年の物色はその後の(2008~)のイメージを持っていた。ただ金融緩和の継続で波が掴めなくなっている。景気もグレーゾーン状態継続で判断が難しい。尚且つ株価も業績正当に反映されているのか疑わしい。個人的には最近の個別の動きは病的だと思っている。クロス振って無理やり下げさせる動きも見える。有るのは人生観、宗教観、業績で動いているとは思えない。会社は誰の物なんでしょう。その点米国の方が上げ下げ業績に忠実な印象を受ける。

それとも計画通りの業績クリアーして売られるという事は先行きを暗示しているんでしょうか。業績に忠実で未だ22000円台でも18000円の頃の株価水準多く見受けられる。

個人的に私はトレンドと過去3年間の業績から判断している。ホールドかカットかはその上で決めていたけども、こうなると通用しそうもないようだ。仕手株(優良も)で個人は勝てない。それと直近の円安と23000円乗せはヘッジファンドの買いだ、次の動き覚悟した方が良い。

 

それと商品、日本に資源メジャーの会社はない。それで値幅だけは上下に一番触れる。原油も60㌦前後が居心地の良い水準と云っていた。それと騒ぐ人は株価と連動していることも頭に入れていた方が良い。さらに同時進行した場合為替レートの方が影響が大きいと云って置く。(ガソリン高)

 

 昔良い人は株で儲からないと云った事あるけども、又そういう展開になってきている感じが何となくする。私は運用者でない今年に入って資金も縮小しているし雀の涙資金だ、云いたいことは前にも散々伝えている、逆効果みたいですね。最近は英語、中国語、アラビア語まで何故かこのPCに入り込んでいる。別に買いだの売りだの、あれが良いこれが駄目だなんて一言も云った事ない。又ディトレもしていない。お互い信用していないし築ける関係でもなさそうだから私はロスカットはする。

 

 人それぞれ価値観が違うし、持って生まれた才能も違う、それぞれの違う場所で幸福感も違う。妬み嫉みだけじゃ何も生まれない。マーケットは基本、資本主義の世界です。マネーゲームでも理解している人が参加すべきと個人的には想っている。

あまり書くと差し障りが出そうだからこれで止めとく。

 

最後に将棋の世界では、先、先を読んで手を打つという。ただ読み過ぎて失敗する事も多々有ると聞く、いわゆる読み過ぎて策に溺れるらしい。

最近マーケットでは、逆、逆の動きが主流みたいだ。これもいつまで......

 

 多分投稿もう一回で最後