四面楚歌

 田舎暮らし始めてから、もうすぐ3か月経とうとしている。感想と言われれば予想通りとの答えになるのかな、後悔ないかと問われれば、ないと断言できるには日はまだ浅い。昨日小用で東京に出かけていましたが、東京駅の人混みを見ると現在地と天と地ほどの景色が違う。人混みに紛れていると景気も好調に感じて来るから不思議だ。

 

 先日同窓会が有り恥ずかしながら出席してみた、地元人中心でしたが思いのほか集まっていた。年齢的にリタイア後の話が多かったかな、その中で個人的に今更リスク(商売)取って良いものか考えた。こちらの人間は風土も有ってか何か(仕事)しないととの雰囲気が強い。趣味や遊びに生きるのを悪と捉えている傾向もある。皆真面目だ。

 

 話変わって中間決算控えたマーケットの感想書いて見る。

夏弱く秋以降反騰と読んでいたけども外れた。此処1週間で様変わりしたね、チェックしてみたら3月配当取りで買ってた銘柄が全て+転換していた。勿論タラレバの世界で全て処分済みだった。中でも一番後悔しているのは丸紅だね。途中何度か乗ること考えたが精神状態が着いていかなかった。負の連鎖だね。

 

 現在情報が皆無の世界にいる、(スマホも何故か突然フリーズして使えなくなった)その中で4月以降SBと郵政に注目してみていた。郵政は3月以降値上げしたにも関わらず随分設定低くしたと感じていた。個人的に相性良くないし、上値限定の配当取りと認識していたので見送ってたけど関心して見ている。SBは昔から投資会社とみていた。迷わない迷いのない人だからね1本道なんだろう。述べた目標値眺めている。ただ絶対という言葉は私は好きじゃない。それでも昔この会社嫌いだったけども最近そうでもなくなっている。

 

GAFAは調整に入っているかな。資金が満遍なく他に向かっている、グローバルに見ても各国に資金が回っている感じがする。中国は資本市場でなくても株価は売られ過ぎ底だと想う。でなければ数年間何の成長も無かった事になる。米国は中間選挙次第、今回の中間選挙はかなりインパクト強い。もしかしたら仕上げの時期に入っているかも知れない。

 

 最後に運用とトレードは違うと云った事が有る。トレードは何の生産性も生まない悪害と考える人も多い。考え方いろいろだ。私は趣味の段階だけど、生業としている人の気持ちも判るつもりだ。AI予測のプログラム売買でないから生身の感情も入る。